日本製品を買って、日本を元気にしよう宣言!日本の誇りである基幹産業『ものづくり』を見つめ直して、適正な売買を行う仕組みで持続可能な社会をつくりだすショッピングモール


会員ログイン

ログインID
パスワード

> ID・PASSをお忘れの方はこちら

まずは会員登録から

マイページ

JI MALLへのお問い合わせ

お問い合わせはこちら
月~金 10:00~17:00
土日祝のお問合せは翌営業日以降のご返答となります。

商品カテゴリ

お買い物ガイド

お知らせ

2015年12月15日
【年末年始の受注】当サイト受注に関しては2015年12月28日(月)までとなりますが、出品者様の運営状況により2016年1月4日(月)以降の手続きと発送になる場合がございますので、予めご了承下さい。 皆様のご理解、ご協力の程、何卒宜しく御願い申し上げます。
2015年09月01日
【ポイント利用再開のお知らせ】内部システム変更に伴いポイント機能を停止しておりましたが、今月9月10日(木)10時よりポイントを利用してのお買い物ができる運びとなりましたので、「お知らせ」にてご報告させていただきます。皆様には大変ご迷惑とご心配をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

熊本県産 うちの田んぼで穫れた自慢のお米 5kg





『土作り』よって根から健全に★乳酸菌とカルシウムを使って米作りした健康で丈夫な根からできた美味しいお米です!

¥5,000(税込・送料込)

獲得ポイント40p

購入数
精米度合い選択下さい

  • お気に入りに追加
  • お問い合わせ

商品説明
◆熊本県産 うちの田んぼで穫れた自慢のお米 5kg◆

土が違う。水が違う。環境が違う。
農家さんがこだわり、手間をかけて一粒一粒に愛情を込めてお米を育てました。
炊きあがりは美しく光り、お米がしっかりと立ち、口の中に広がる甘さと香り。
まさに絶品のお米です。


熊本県 山都町 標高500m 夏はとても涼しく、冬はとても寒い地域です。

また、朝と夜の温度差もかなり激しくお米が育つにはかなり過酷な環境ともいえます。
ですが、厳しい環境だからこそお米に最高級の美味しさを与えてくれます。

阿蘇の山々から頂く清らかな水でお米は大きく育て上げられます。

『カルテック栽培』を採用しお米作りを続けています。

カルテック栽培とは…カルシウムを豊富に与えて植物を健康に育てる栽培方法です。

また、糠と混ぜた乳酸菌を田んぼにまくことで、稲わらを餌にして乳酸菌がどんどん繁殖し、
稲に悪さをする病菌はよりつかなくなります。

だから農薬を減らすことができるのです。
(化学肥料や殺虫剤などは一切使用せず幼稲の段階で1回だけやむなく除草剤を使用しています)

収穫量はやや減りますが、私達はこのお米が好きなのです。
農業は土との対話です。

乳酸菌とカルシウムを使った『土作り』によって健康で丈夫な根をつくり、実(米)はその根にたくします。

台風などによる悪天候の影響もなく美味しいお米が出来ました。
商品詳細
商品詳細 商品名】うちの田んぼで穫れた自慢のお米(ヒノヒカリ)

【生産地】熊本県 山都町産

【内容量】5kg

【精米度合い】白米(七分つき)または玄米からお選び下さい。
商品コード FS01-002

関連商品

熊本県産 うちの田んぼで穫れた自慢のお米 10kg

『土作り』よって根から健全に★乳酸菌とカルシウムを使って米作りした健康で丈夫な根からできた美味しいお米です!

¥9,500(税込・送料込)

  • 獲得ポイント80p
  • カートへ入れる

熊本県産 うちの田んぼで穫れた自慢のお米 3kg

『土作り』よって根から健全に★乳酸菌とカルシウムを使って米作りした健康で丈夫な根からできた美味しいお米です!

¥3,500(税込・送料込)

  • 獲得ポイント25p
  • カートへ入れる

レビュー一覧

神さまのお米 2014-10-28 投稿者:つじつじ おすすめレベル:★★★★★

最初に買ったお米の味に引き込まれ、「こんなにふくよかな、奥行のある味のお米を作られる方に会って見たいな」と思い立ち、熊本迄田んぼを見に行きました。 田んぼにも案内していただき、一粒のお米作りに対しての思いに“魂”が宿っているような...不思議?を感じました。 このお米を作るために選ばれし方なんだ!と思いました。 一流のものに出会った喜びです。

天照もビックリ!本当に美味しい米 2014-08-11 投稿者:三重県 肩さん家 おすすめレベル:★★★★★

想像してみてください。 炊きたてのこのお米の香り、艶、幸せの湯気を!! 生米のさわり心地はシルクの如くしなやかで、このお米を一度口にいれると噛めば噛むほど甘味が広がります! オススメの頂き方は、塩むすび。 体も心も喜ぶのがわかりますよ。 一粒一粒を愛でる生産者の方と同じよーに、食べる私達もいつの間にかお米の事を愛でていることに気がつくはずです!